オフィシャルブログ

2017/11/24 マネージャー中久保の回想3

Share on Facebook
LINEで送る

日々の商いお疲れ様です。マネージャー中久保です。

あっという間に冬が到来し、マスクが欠かせない今日この頃、風邪など引かれてないでしょうか?風邪予防に重要なのは手洗いうがいと風の噂で耳にしました。あ、風邪と風を掛けた訳ではありません。ややこしくしてしまい、申し訳ございません。そんなことはさておき、マネージャー中久保の回想も3回目、とうとう地獄の12月繁忙期が到来する。。。その一部を回想いたします。どうぞコタツなどで温まりながらご覧ください。

 

あ、手洗いうがいはお忘れなく!!!

 

社長の辞令から1週間、あっという間に12月1日、繁忙期初日を迎えました。ドキドキしながら現場に到着、荷物を確認すると、いつもの1.4倍位でしょうか、確かに荷物は増えましたが、もっとすごい状況を想像していたため『ビックリするほどではないな』そう思いましたが、よくよく考えると、いつもなら夜まで配達出来ますが、今日からは夕方17時までには、終わらせないといけない。そう考えると、『はい、オワタ…』完全に思考停止しました。しかし荷物は勝手に配達先までトコトコと行ってくれるわけではありませんので、必死に配達しました。が、かなりの数が残った状態でタイムリミットがきてしまい、泣く泣くその残った荷物を先輩に。申し訳ない気持ちと、自分の力不足に対する悔しさで泣きそうになっている私を見て先輩が『後は任しとけ』先輩自身の荷物もまだかなり残っており、どう考えてもしんどいであろう事は、新人の私から見てもわかる状況にもかかわらず、そんな言葉を掛けて下さった先輩。そんな先輩の為にも『次の現場でも頑張ろう!』そう思えました。

急いで次の現場に直行!!そして到着!!先ほどの先輩とのやり取りで今までに感じたことのない様なやる気に満ち溢れていた私は『何個でも配達したる!!』とかなり意気込んでいました。まずは荷物の確認!!

 

 

絶望…..今までに見たことのない数、荷物の山がありました。さっきまでのやる気はいづこへ、一気に先輩とのやり取りを忘れ、心が折れそうになりながらも配達を行いますが、一向に終わる気配がない。『もう無理や』そう思いながら配達していると1本の電話が、『今どこ?』社長からの電話でした。場所を伝えると、すぐに来てくださり、荷物をがっさりもって行ってくれました。『これならいける!』げんきんなもので、終わりが見えると急に配達スピードが上がったりするんですよね。それからも社長は、自分の荷物が終わるたびに連絡をくれ、私が『後2つなので大丈夫です』と言っても『じゃあひとつ持ってたる』と最後まで付き合ってくれました。今では社長が現場に出て走るなんて状況は無くなりましたし、それだけドライバーのスキルが上がりましたが、どんな立場であってもドライバーのことを想い行動できる姿は、わたしの教訓となってます。

先輩の優しいフォローや社長の姿でなんとか心折れず、大きな事故もなく、繁忙期は1年の終わりと共に終了しました。先輩方が言うようにあっという間に過ぎた一ヶ月、一言で言うなら『……ヤバイ』そんな一ヶ月でした笑

マネージャー中久保の回想も後20話ほどで終了ですが、これから噂の繁忙期が始まりますので、中々お話しするタイミングがありませんが、また上げますので是非ご覧ください。フェイスブックからコメントいただければ頑張って書くかもしれませんので、女性の方、コメントお待ちしております。

ではでは風邪など引かぬようお気を付けください。