オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年3月

忖度

日々の商いお疲れ様です。マネージャーの中久保です。

2017年流行語大賞を受賞した『忖度』…意味を調べてみると、【相手の気持ちを察し、適切に取り計らうこと】だそうです。相手が言葉にしない。また、言えない心の内を的確に読み取り、その心に寄り添う行動を取る…とても日本人らしい、いい言葉だと思いませんか?しかしこの忖度が流行語大賞を受賞した裏には、そんないい言葉とはかけ離れた事件によるものだとご存知でしょうか?

流行語大賞受賞からおよそ三ヶ月、昨日3月12日、麻生財務大臣が会見を開き、加計学園国有地売却に関しての決裁文書の書き換えがあったことを認めました。この問題については、昨年から何度も報道されているので、皆さんご存知だと思います。なので、内容は割愛させて頂きますが、結局のところ、8億円にもおよぶ値引きをしたのは、安部総理・夫人への忖度、決裁文書を書き換えたのは佐川理財局長への忖度。もしそれが本当なのであれば、忖度とは、問題が公になった際に、組織としてのダメージ…今回であれば、責任を取り、辞任する政治家の数を最小限にする為の、悪しき伝統・手法になってしまいます。

冒頭にもご説明した通り、本来忖度とは、相手の気持ちに寄り添ういい言葉なのです。この【日本人特有の気遣い】を表した言葉に、誇りを持ち、相手に寄り添い行動した人に対し、敬意を評して伝えられるように、政治家の方々には、国民の声なき声をぜひ、忖度していただきたいものです。

順風満帆!!!

日々の商いお疲れ様です。マネージャー中久保です。

タイトルを見て興味を持ってご覧頂いてる方必見!!これからお伝えするのは簡単に言うと自慢です!いやもう笑いが止まりませんwwww

と、言いますのも、労働環境の改善を実施している企業が増えつつある昨今。事、運送業もその流れに乗り改善が実施されております。その中でも、我々が一番有難く思うのは、『運賃の値上げ』です。もちろん品質はこれからも一層高めていく必要はありますが、基本的には業務上大きな変化はないのですが、売上げ自体は上がっている、簡単に言うと『やってること同じなのに収入増えてルー!!!』状態…というのは前にもブログに書いたのですが、増えてルー状態になったおかげでドライバーの意識も今まで以上に高くなり友達や知人にこの仕事を紹介したいと言ってもらい、従業員も少しずつ増えてきました。そんないい流れを知ってか知らずかエリアの拡大の話も浮上し、さらに増員が必要な状態となり、うれしい悲鳴です。

自慢話はここら辺にして本題です!先ほどもお伝えした通り、エリア拡大に伴いドライバーを募集いたします!!責任感が有り、やりがいのある仕事を探しているそこのあなた!!!我こそはと名乗りを上げてみませんか?未経験でも大丈夫!性別も関係なし!!興味があれば是非応募フォームからお声掛けください!質問でも構いません。お気軽にお声掛けくださいねー

 

まさかの事故

日々の商いお疲れ様です。マネージャーの中久保です。

お久しぶりでございます。ブログを書かせていただく間もない位忙しくさせて頂いております。うれしい悲鳴ではありますが、ブログを書くことが唯一のストレス発散の私にとっては、これが中々悲しい現実でございます。なのでここぞとばかりにブログを書かせていただきます。

昨日の出来事なのですが、配達中に接触事故が発生!!!!

あ、車と人じゃないですよ!歩行者(私)と自転車(少女)です!そうお気付きの通り接触事故で引かれたのは私です。配達に夢中になってる私も悪いのですが、十字路をノンブレーキで突っ切るのもどうかと思いませんか?もちろん、今冷静になって考えて見ればの話なんですが…その時は、久方ぶりにコケたという恥かしさと、後ろから娘を急いで追いかけて来たであろうお母さんが必死に謝罪している状況、無表情でこっちを見る加害者(少女)

完全なカオス状態に頭が真っ白になり、その場をどう切り抜けたかも覚えていません。あれは夢だったのではなかろうか、そう思えるほどその時はいっぱいいっぱいだったのだと思います。しかしながら気持ちが落ち着くにつれ左ひざからじわじわと痛みが…痛みがあるひざに目をやると、擦り剥け、血がにじんでおり、頭にある凄惨な事故が、夢ではなく、先ほど現実に起きていたのだと、証明していました。冷静になったからか、傷口を見てしまったからなのか、はたまた両方のせいかは分かりませんが、じわじわと感じていた痛みが激痛に変わり、それでも仕事は何とか頑張らなくては!!と配達を続行。ひと段落つき、うち(もう1人のブロガー)と合流。これ見よがしに怪我をしたひざを見せ心配してもらおうと経緯を説明しようとすると矢継ぎ早に….

『これ痛いやつですやん!!!爆笑』

心配する様子など微塵もなく浴びせられた一言、自転車にぶつけられるよりなにより、うちに浴びせかけられた言葉こそが、まさかの事件でした。

※うち=私(一人称)で苗字が内というわけではありません。

 

PS,こんな私を癒してくださる女性の方、お待ちしております。このままじゃ女性不信にに陥りそうです。